ANKがん免疫療法とは

Share on Facebook
LINEで送る

免疫療法とは

皆さんは、医療分野で新しい技術が続々と造られていることを知っていますか。
たとえばがん治療に関してでは、皆さんがご存知の治療といえば(外科的治療)(薬物・化学療法)(放射線照射療法)だと思います。

しかし、これらの治療方法の問題点として、
(外科的治療の問題点)
・ 早期やある程度までの進行なら病巣のすべての切除が可能だが、微小な転移や脳などの部位の場合には、治療を行なうことができない。
・ 治療後の手術痕の治癒や、体力の回復に長い時間が掛かる。
・ 摘出した臓器が担ってきた機能が失われる。
(薬物・化学療法の問題点)
・ 抗がん剤の副作用(倦怠感や吐き気、しびれや脱毛)の発生。
・ 癌化した部位以外の血液を生産する臓器や、肝臓や腎臓への障害の発生。
・ 一部のがんには、効きにくい時もある。
(放射線照射療法の問題点)
・ 放射線照射による、脱毛や肌の炎症、めまいや吐き気、全身の倦怠感などが起きる。
などが挙げられます。

そのようながん治療の中でも、問題点がないのが(ANK免疫細胞療法)です。
この治療法は、患者本人の免疫細胞を活性化して治療を行なうので、副作用の発生が起きません。
また他の治療法とも一緒に行なうことができるので、がんの完治を目指すこともできます。
ぜひがんの完治をという方はぜひ、新日本橋石井クリニックを受診された方が、早い完治に結びつきますよ。

This entry was posted in 健康.